相手に喜ばれる!?内祝いの選び方について


内祝いの選び方と作法とは

内祝いは、お祝いをもらった際お返しをする大切な贈り物ですよね。しかし、どんなものをお返しするのかや、金額が高くても安くても失礼にあたってしまうので、注意が必要です。しかし、親しい人だからこそ贈り物を渡した際は相手にも喜んで欲しいですよね。お返しは、相手からもらった金額の半分を目安にお返しするのがマナーです。

カタログギフトのメリットとデメリット

カタログギフトのメリットは、送る側であれば予算を決めれることではないでしょうか。三千円から十万円まで幅広くある為、いただいたお祝い金の半分をカタログギフトでお返しすることができます。また、お返しを貰った相手も好きな商品を自分で選ぶことができます。デメリットは、申し込み期限があることではないでしょうか。カタログギフトのデメリットは、商品として届くわけではないので、迷っているうちに申込期限が過ぎてしまった場合や、選ぶのを忘れてしまったなんてこともあるかもしれません。

喜ばれるギフトはどんなもの

喜ばれるギフトは、相手の好きなジャンルを選んでみるのはどうでしょうか。食べ物であったり、好きなキャラクターや趣味の物であったり好みは人それぞれですよね。親しい関係であれば、会話の中から最近始めた趣味だったり好きな事を知る機会もあるかもしれません。相手の好みや趣味を理解してもらうギフトは、送り側の気持ちも十分伝わります。

カタログギフトの上手な活用方法

内祝いで、何を送っていいかわからない場合は、カタログギフトを送ってみてもいいかもしれませんね。その場合、いただいた金額の半分は予算にして相手の趣味や好みに合ったギフトを選ぶことが大切です。

内祝いとは自分や家族にお祝い事があったときに、周りの方にも品物を贈り、喜びを分かち合うことをいいます。元来は自発的なものですが、現代ではお祝いをいただいたときのお返しのことをさすことが多いです。